information

12月のイベント

10周年 感謝セール

▲2015年12月1日(火)〜25日(金) 12:00〜17:00 日曜・祝日休み

※終了しました。

手の間は今年11月、丸10周年を迎えることができました。

これもひとえにみなさまのおかげです。

12月は感謝の気持ちをこめて展示作品をすべて20%offにて販売しています。

また、撮影などで使用した器やオブジェなどを破格値にてお分けいたします。

ぜひお立ち寄りください。

 

藍と木綿

中本扶佐子作品展

*終了しました。

▲2015年10月20日(火)〜26日(月) 11:00〜18:00 会期中無休

素材はすべて天然由来。仕事はすべて手技。

気が遠くなるほどの細やかな作業を

日々、丁寧に誠実にコツコツ積み上げて、

ようやく一枚の布が生まれます。

藍と木綿の仕事をひたむきに追いかけて45年。

中本扶佐子さんが創り出す、

かけがえのない無垢な布の世界をご堪能ください。

着尺やストール、ふくさなどの作品のほか、

10センチ単位で測り売りをする

“自由な布”を多数揃えております。

岩田健三郎 作品展

〜播磨の暮らしをつづる木版画の世界〜

*終了しました。

▲2015年9月26日(土)〜10月2日(金) 11:00〜18:00 会期中無休

手の間13号でご紹介している、兵庫県姫路市在住の木版画家・岩田健三郎さんの作品展です。作家が暮らす播磨の地方風土を温かな視点で見つめ、大胆かつ緻密に彫り上げたヒューマニズムあふれるモノクロの世界をお楽しみください。額装木版画作品のほか、食文化冊子やエッセイ誌、書籍、葉書なども展示販売いたします。

また、岩田さんがラベルを手がけた地元のせんべいや懐かしいお菓子も販売。同じくラベルを描いた兵庫県姫路市・壺坂酒造の清酒「夢中天地」は小さなおつまみと一緒に楽しんでいただくこともできます(有料)。

蕎麦屋的『座学』

ざっくばらんな雰囲気で好奇心をくすぐる話題を共有する、

小さな集会が定期的にはじまりました。

イメージは、日本酒をやりながら蕎麦屋でまったり過ごす午後。

どうぞお気軽にご参加ください。

第五回『知識無用の建築学』最終回

座長・高木正三郎(建築巧房代表)

▲12月12日(土) 16:00から約90分

参加費1,000円(飲み物付き) 要予約

建築って本当は、小学校の家庭科のように、

全ての人にとって必要な科目だと思うのです。

考えてみれば衣食住の「住」ですから、毎日のこと。

知っている方が知らないより断然世の中が楽しくなります。

全5回の辻説法の最終回です。


コロラドの風と土と木々の詩 塩釉の食器と酒器展

Kazu Oba(陶芸家・彫刻家)

※終了いたしました。

▲2015年7月10日(金)〜15日(水) 12:00〜17:00 日曜休み

▲2015年7月16日(木)〜22日(水) 11:00〜18:00 無休(金曜は20:00まで開場)

福岡出身のKazuさんが、初めてふるさとで個展を開催します。

湿度の低いコロラドの風土に合う“塩窯”で焼かれる器は、ぽわっとやさしい色合いのマットな質感。食器を中心に片口などの酒器が揃います。


イベントの詳しい内容や、以降の催しについてはコチラを!

Books

手の間13号

手の間はこの春、コンパクトなハンディサイズとなりました。

 

特集企画は『washoku 21世紀の基本食』です。

世界遺産となった和食ですが、わたしたちが普段口にする“いつものごはん”は、和食なのでしょうか?

今号では、和食の背景にある文化や価値を改めて考えてみました。

 

 


手の間

福岡市中央区赤坂2-3-32
赤坂MOKUZO2階

 

電話/092-761-0395